超簡単!ドライハーブの作り方

5月に入り、花壇や鉢植のラベンダーも次々と花を咲かせていることと思います。西賀茂ハーブのラベンダーにも新たな仲間が加わりました。ご紹介は次回に譲るとして、今回は、お手軽ドライラベンダーの作り方をご紹介したいと思います。

さまざまなラベンダーを組み合わせて自分だけの香りを

ラベンダーのほのかに甘く深みのあるスパイシーな香りは、古くからアロマセラピーやポプリなどのクラフトとしても人々に親しまれています。

その香りには、ストレスを緩和し、緊張をほぐすとともに不安や不眠にも効果があるとされ、リラックスしたいとき、ぐっすり眠りたい時などに活用されます。

この自然由来のやさしい香を長く楽しむために・・挑戦してみたいのが、ドライラベンダーづくりです。難しいことはありません。というより、とっても簡単です。だれでも、気軽に、短時間で植物が咲いていた時の姿ををそのまま残し、香りを楽しむことができる方法です。

まず、ラベンダーを用意します。形を整えるために少し下の葉っぱを取り除きます。あとは麻ひもなどで茎を束ねて、風通しの良い日陰にさかさまに吊るしておくだけ。2週間ほどすると、ドライラベンダーの出来上がり。

ポイントは満開になるちょっと前、7分咲き位のときに収穫、乾燥させることです。そうすることで、香りのよいドライラベンダーになります。

また、さかさまに吊るすことで茎が曲がらず、ピンと伸びたドライラベンダーを完成させられます。

お部屋の素敵な飾りにも

玄関脇に、おうちの中に、または簡単にラッピングを施してgiftにしても喜ばれます。ラベンダーには虫害を防ぐ効果もあるので、しおりに加工してもいいかもしれません。

一斉に開花するラベンダー。収穫、乾燥し、保存することで開花期を過ぎても1年中ラベンダーの素敵な香りを楽しむことができます。

冬の寒い時期にもラベンダーの開花を思いながらほっこりした気分で過ごすこともできますね。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です