ハーブの御三家とは?“時短で映える”おうちごはんの強い味方。

毎日の献立を考えるのはなかなか骨の折れる作業です。チラシを見て買い物に行って食材を選んで、お買い得商品を使って何作ろう?
「今日のメニュー」を決める時間は、人生のなかでも結構多くの時間を占めています。家族に公表のメニューや定番の人気レシピも頻繁に食べると飽きてしまういます。

そんな時、おすすめなのが”ハーブ”です。

ハーブと聞いてみなさんはどんな種類のハーブを思い浮かべるでしょう?
ラベンダーやカモミールのように香りが素敵で花が可愛らしいものもあります。
ほかにも、ミントやバジルのように食べて楽しむいわゆる“キッチンハーブ”も有名です。
キッチンハーブとしてなじみのある“御三家”といえばなんでしょうか?
人そぞれ好みはあるけれどやっぱり、ミント、バジル、ローズマリーではないでしょうか?香りも味わいも違う三種類ですがどれも使いやすく料理とも相性の良いハーブです。

この御三家ハーブを使えば、マンネリになりがちな献立も味わい豊かに大変身します。たとえば、ソーセージを炒めるときにローズマリーを一緒に炒めるだけで見た目も味わいも香りもいつもとは違う料理に早変わり。ローズマリーは肉料理とよく合い、臭みを消してくれます。

ほかにも、安くて手軽に調理できるキュウリは強い主婦の味方です。でもいつもマヨネーズや市販のドレッシングでは飽きてしまうもの。
塩もみしたキュウリをミントとオリーブオイルで和えれば、ちょっと変わったミントキュウリの出来上がり。また、いつもの卵サラダやポテトサラダにも、バジルを混ぜるだけで豊かな味わいをもたらしてくれます。

手間暇をかけることなく、ちょっと変わった料理を楽しみたい!家族や友人を喜ばせたい!そんな時こそハーブの出番です。フレッシュハーブがあればもちろんいいですが、なければドライハーブでもかまいません。だまされたと思って一度試してみると、病みつきになるかも⁉

食卓にハーブがあるだけで、会話がはずみ、食欲がわく…。そんな風になれば、最高ですね。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です