目標は「ネギ」!「余裕のない人にこそ届いてほしい」ハーブの楽しみ。

「ハーブを料理に使いましょう」なんて聞くと、ちょっと手間がかかったり、めんどくさかったりしそうだなあと思いがちです。でも実は、ハーブを料理に使うというのは、とっても簡単なことで、ほかの野菜のように洗って入れたり刻んで薬味として利用したりするだけでOKな便利食材です。

刻んでのっけるだけ!

ハーブを使った料理なんていうと、マダムのオシャレなパーティーに出てきそうなイメージを抱きがちですが、時間やお金にゆとりのある人の嗜好品というよりは、蕎麦やラーメンにネギ、豆腐に大葉、餃子に辛子みたいな感じで気軽な薬味として楽しんでもらいたいというのが西賀茂ハーブの強い思いです。

もともと育てるのが簡単で放っておけばどんどん成長する種類が多いハーブです。肥料をやったり支柱を立てたりやっかいな庭仕事をしなくても、どんどん育ちます。使ったネギの根元部分を玄関前の植木鉢に差して育てているおうちがありますが、そんな風に気軽に育てる光景が広がればなあと思います。

ネギよりすごい?のは香りも楽しめちゃうところです。ネギの香りでリラックスなんて言う人はほとんどいないのかなあと思いますが、例えばトマトによく合うバジルやお肉の臭み消しにも使われるローズマリーなどは、収穫する際にその香りまで楽しむことができます。

バジルの香りは、甘く濃厚な香りを持つクローブのような甘い香り、ローズマリーはさわやかな香りが特徴でリフレッシュやリラックス効果があるとされています。収穫しながら香りを楽しめ、料理には一緒に煮込んだり、薬味としてかけたりするだけでいい。そんな優れもののハーブです。

毎日忙しい人、心身ともに弱っている人にこそもっと身近にもっと楽しいハーブライフが楽しめるようになるようになればと願っています。


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です