あまたあるハーブの中でも肉料理に欠かせないのが、ローズマリーです。花壇に植えられていることも多く、常緑で一年中緑の枝を伸ばす便利なハーブです。

ローズマリーには、肉の臭みを消す作用があり、肉料理には欠かせません。また、元気よくのびるその姿は、料理の見栄えを良くしてくれる視覚的効果も期待できます。

肉の臭み消しに用いる場合は煮込んだり、焼く場合に一緒にローズマリーをフライパンに入れるなどの方法があります。

このように、調理の際に一緒に食材として用いる場合もありますが、焼く前のお肉を一緒に寝かせておくことで、ローズマリーの香りをお肉に移すという方法もあります。

たとえばローストポークなど分厚いお肉を使う際には、お肉の塊とローズマリーを数本、ラップでぐるぐる巻いて冷蔵庫に半日ほど寝かせておくだけでOKです。

ローズマリーの香りがほんのりお肉に移って、肉の臭みをけして味わい豊かにしてくれる効果があります。

またーキャンプのときなども、ドライのローズマリーを持って行って、焼いたお肉やベーコン、ソーセージなどに振りかければ、アウトドアクッキングが格段においしくなります。

肉料理には、肉特有の嫌な臭みを消し、豊かな味わいを加えるローズマリーをぜひお試しください。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です