ローズマリーで作るクリスマスリース

今年もはや12月。いろいろあった2020年も押し迫ってきました。クリスマスやお正月。楽しい行事が満載の師走ですが、仕事や大掃除など、今年中にやってしまいたいことも山積し、気ぜわしくなるころです。

クリスマスに向けてツリーを飾ったり、リースを用意したり。そんな行事の準備にもちょっとハーブを取り入れることで、リラックスしたり心身をリフレッシュする瞬間に変えることができます。

例えば、クリスマスリースをローズマリーで作ってみてはどうでしょうか?ローズマリーは庭先や花壇に植えられているお家も多く、育てやすいハーブですが、ほったらかしにしていると、茎が伸び放題になっていたり、余らせてしまうことが多いハーブでもあります。

ローズマリーのほろ苦くさわやかな香りにはリフレッシュやリラックス効果が高いとされています。肌を引き締めるアンチエイジング作用なども知られており、老化防止や集中力、記憶力向上に役立つハーブとしても知られています。

そんなローズマリーの香りをかぎながらリース作りを通してリラックス、リフレッシュタイムを過ごすことができます。伸びすぎた庭木の剪定にもなり、一石二鳥のローズマリーリースづくりですね。

【用意するもの】

・リースの土台(100均のクリスマスグッズコーナーのもので十分です)
・リースに使うローズマリー(リースをぐるっと一周する分量)
・ローズマリーをリースに固定するワイヤーまたは紐
・リボンなどの飾り  (ワイヤーもリボンも100均でOK)

【作り方】

①ローズマリーを上から約10センチほど収穫します。
②ローズマリーを3本ずつぐらい束にして、円形にリースに取り付けてききます。
③継ぎ目のワイヤーが見えるところには、余ったローズマリーを上からかぶせてなるべくワイヤーが見えないように取り付けていきます。
④形を整えてリボンをつければ出来上がりです。

【ポイント】

☆ローズマリーを収穫するときに、短めや長めの枝など、長さを変えて収穫しえおくと、分量や見た目の調整をする際に役立ちます。

ローズマリーはポプリやサシェなど香りを楽しむクラフトにも使われるハーブです。リースを玄関先にかざっておけば、通るたびにふわっと香り、リフレッシュすることができます。ヨーロッパでは「魔除けのハーブ」として祭礼などにも使われているといいます。怒涛の2020年のクリスマスです。魔除け効果も期待したいですね。

インテリアとしても、リラックスハーブとしても楽しめるローズマリーリースを飾ってクリスマスを楽しみましょう!


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です