ピリッと辛いクレソンの風味

ピリッとした辛みがお肉料理によく合うハーブといえば?

そうクレソンです。

別名をウオータークレス、オランダミズガラシといって、その名の通り江戸から明治期にかけてオランダなど、ヨーロッパからやってきた水生の多年草植物です。小川や清流など水辺に生えていることが多く、春には白い可愛らしい花を咲かせます。

クレソンの特徴はピリッと辛い辛み成分です。大根などと同じアブラナ科の植物で、その辛み成分には動物性脂肪の消化を助ける効果があるといわれており、お肉料理には欠かせないハーブです。

水差しで育てることも多く、畑で育てるのは簡単ではないハーブですが、現在西賀茂ハーブでは秋に撒いた種子から発芽したクレソンんの芽が成長中です。あまり日のあたらない涼しいところで水を切らさないように育てるのがポイントです。

葉の形は丸っこい形をしていてやさしい形状をしています。疲労回復や抗酸化作も知られており貧血予防や生活習慣病の予防にも効果があるとされています。

ステーキなどの肉料理の付け合わせに、またはサラダやスープなどにも利用できるハーブです。さまざまに利用してみましょう!


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です