鶏むね肉で作るチーズソテー。ローズマリーで美味しさup!

鶏むね肉はお財布にも優しくヘルシーで健康にもよい食材。なので日々の献立に積極的に取り入れたい一品です。ただ、胸肉はモモ肉に比べて少しぱさぱさした食感があり、また、このあっさりとしたたんぱくな味わいが物足りないという人も。今回はこの鶏むね肉を使った、オシャレな「鶏むね肉のソテーバルサミコソース、ローズマリー風味」をご紹介したいと思います。

メニュー名を聞くと「なんだか手間いり」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。材料も少なく、オーブンを使った料理なのでお手軽に、かつ、おしゃれでお客様にも喜ばれる一品ができてしまいます。

そしてここで重要な役割を果たしてくれるのが、料理に添えるだけで見栄えも味も香りもアップしてくれるハーブ「ローズマリー」です。ローズマリーはとっても育てやすく、一年中、生でつかうことができるハーブです。ローズマリーにはアンチエイジング効果や緊張を和らげる効果があるといわれており、ぜひとも一家に一本、ローズマリーの木を植えていただき、好きなときに香りや味を楽しんでほしい思うハーブです。

では「鶏むね肉のソテーバルサミコソース、ローズマリ風味」の作り方です。

材料は、鶏むね肉、チーズ、バルサミコ酢、ニンニク、砂糖、塩、オリーブオイル、ローズマリーです。

①鶏むね肉は厚さを均一にするために観音開きにしましょう。
②鶏肉の裏表に塩を振ってもみこみます。
③フライパンにオリーブオイルを引きます。
④皮をむいて半分に切ったニンニクとローズマリーを入れて低温で温め、香りをオリーブオイルにうつします。
⑤ニンニクとローズマリーは火が通ったら取り出ます。取り出した後のフライパンを弱火で熱して皮を下にして鶏肉を入れます。動かさずに皮に焼き色がつくまで、約4分半ほど強火にして火を入れます。
⑥皮がパリッと焼けたらひっくり返して2,3分焼き、この段階で肉におよそ7割火を通します。
⑦200℃に熱したオーブンに入れて3分ほど熱します。
⑧一度オーブンから取り出し、ローズマリーの軸を取り除きます(ローズマリーの軸は固いので食感をよくするために葉っぱだけちぎります)
⑨ここで上から先ほどちぎったローズマリーの葉を散らしてとろけるチーズを鶏肉の上にのせます。約2分半オーブンで火を通します。
⑩この間にバルサミコソースを作りましょう。小鍋にバルサミコソースと砂糖を入れて煮詰めていきます。砂糖の分量は味をみながらお好みで調整してください


チーズに焼き色がつけば出来上がりです。バルサミコソースをかけていただきます。

鶏むね肉にチーズをのせてオーブンで焼くことでしっとり火が通り、うま味がup。さらにローズマリーの香りとバルサミコソースの甘みがマッチしてとろけるような「鶏むね肉のソテーバルサミコソース、ローズマリー風味」の出来上がりです。ぜひお試しください!


おすすめ

2件のコメント

  1. アベチカ さんの発言:

    西賀茂の住人です。
    ローズマリーを購入したくてたまたま「西賀茂 ローズマリー」と検索したら
    こちらが出てきてびっくりしました。ローズマリーはエムジーで購入できましたが
    近所をくまなく歩いていますがどこにあったのでしょうかね?
    お料理もとてもおいしそうです。

    1. アべチカ様
      HPをご覧いただき、ありがとうございます。
      ローズマリーはスーパーなどでも手に入りやすい食材で、花屋などで売っている苗から育てることもできるハーブです。
      ぜひ、お料理の際に使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です