パン好きにはたまらない。ローズマリー香るバゲットのチーズトースト。

ここ、西賀茂ハーブのある京都はパンの消費量が全国一と言われるほど、パン好きの街です。街中のパン屋さんも大人気で、お好みのパンやベーグルを買う人で行列ができることもしばしば。パンフェスティバルなどでは、パンが飛ぶように売れるほどです。そんな中でも、店によって味が全然違い、本当に美味しいパン屋さんかどうかを判別する目印になるのが、バゲット、いわゆるフランスパンではないでしょうか?

外側はパリッとしているのに、中はふわふわ、生でも美味しいけれど、オーブンで焼いた香ばしさは格別です。店によって使われる小麦の質や焼き加減などによって味が全然変わってきます。そんな美味しいバゲットに巡り会った時、手軽にちょっとおしゃれに食べる方法をご紹介したいと思います。パーティーやちょっとした集まりなど、おもてなしの際にも活躍する優れものレシピですので、ぜひお試しください。

【ローズマリー香るバゲットのチーズトースト】

材料、バゲット、とろけるスライスチーズ、ローズマリー

①バゲットを切ります。※バゲットは薄く切るのが肝心です。分厚すぎるとバゲットのクラム(中身の白いところ)の水分がカリッと焼きあがりません。理想は1.2〜1.5mmくらいの厚さです。

②バゲットの上にチーズを乗せます。

③茎から葉をとったローズマリーをその上に乗せます。

④後は、オーブンに入れるだけ。温度は250度で14分。色合いを見ながら、焦げないようにカリカリになるまで温めましょう。

⑤いい具合にチーズにも焦げ目が付いたら完成です。

とっても可愛いバゲットの完成です。パスタと合わせてもよし、お肉料理も魚料理も、どんな料理にも合います。
簡単で映えるバゲットをぜひお試しあれ!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です