フライパン一つで簡単。ラディッシュとハーブのツナパスタ。

ランティにもディナーにも活躍するのがパスタです。パスタの麺とツナ缶などの缶詰、ちょっとした余り物野菜があれば簡単にすぐに美味しいパスタが出来上がります。しかもフライパン一つで完成するとっても嬉しいハーブ献立を紹介します。

①フライパンに水と適量の塩を入れ、パスタを茹でるお湯を沸かします。(パスタの太さはお好みで時間通りの茹で時間でOKです。

②お湯が沸いたら食べたい量のパスタを半分に折ってフライパンに入れましょう。

③茹で時間の1分半ほど前になったら、②のフライパンに薄く輪切りにしたラディッシュを投入します。30秒ほど遅れてラディッシュの葉も入れます。

④茹で時間がくれば、カップ1杯ほどの茹で汁を残して、ザルにあけて湯を切ります。

⑤先程のフライパンに、湯を切ったパスタをラディッシュを戻します。そこにシーチキン、オリーブオイルを一回し入れます。

⑥タイムやオレガノなどのハーブを包丁で細かく刻んでフライパンに入れ、よく混ぜます。(ハーブがツナの独特の臭みを消してくれるのに役立ちます)

⑦先程取っておいた湯を少し入れながら、麺によく絡むように混ぜます混ぜます(バルサミコ酢があれば入れると香りが良くなります)

⑧しっかり混ぜ合わされば、お皿に盛り付けて完成!!です。

ハーブが入ることによって、味が引き締まり、味わいに奥行きが出るのが特徴です。「なくても良いけれど、あると嬉しい」。まさにそんなハーブの理想的な使い方です。

洗い物だってフライパンひとつでできるのでとっても楽ちんです。お昼ごはん何にしよう?急いでおもてなししなければいけない!そんな時にとっても役立つお手軽メニューです。

ラディッシュがなければ、カブでもOK。茹で時間を調整すれば、ラディッシュのシャキシャキ感を残したり、いろんなバリエーションをつけることもできちゃいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です