この時期はローズマリーの新芽が伸びてくるころです。耐寒性のある常緑小低木のローズマリーは料理に美容に、クラフトに利用できる万能ハーブです。

肉や魚料理の臭みけしはもちろんのこと、オリジナルオリーブオイルに漬けたり、パンやクッキーに加えたりと料理に利用されるとともに、入浴剤やチンキ材として利用されたりもします。

やわらかくおいしいローズマリーの新芽

そんなローズマリーですが、料理に利用する際、枝の部分は少し固めなので、なかなかローズマリーをそのまま食すことは難しいかもしれません。でも、この時期のローズマリーの新芽はやわらかく口の中に残ることも少ないので、おいしくいただくことができます。煮込むとより一層やわらかくなります。

鶏手羽と新玉ねぎをローズマリーとともに煮込みオリーブオイルやバルサミコ酢で味付け

ローズマリーの香りのリラックスやリフレッシュ効果を楽しむとともに、食べることで、老化防止や集中力向上を促す効能を生かすことができます。

家庭でも気軽に栽培出来て、丈夫なローズマリーのこの時期ならではの味わい方を試してみてください。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です