ハーブ栽培を無理なく続ける「~するだけハーブ料理」

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、家で過ごす時間が増えました。緊急事態宣言や移動自粛が解除となった後も、なるべく人込みには出かけたくない。おうちで過ごしたいと思う方も多いのではないでしょうか?

ニュースなどでは、首都圏や都市部を中心に家庭で栽培がしやすいハーブの種や苗などのなどの売り上げが伸びているといいます。在宅時間が増えたことで、趣味としてハーブ栽培や料理を楽しむ人が増えたのはうれしいことです。

ただ、育て始めてはみたものの「使い道がわからない」「そんなに多くは食べられない」「在宅時間が短くなってほったらかしになっている」そんな声を聴きます。確かに、いくら自分で育てたハーブとはいえ、毎日食べると飽きてしまいます。なんだか手のこんだ料理をしなければいけないんじゃないか、そう思っている方も多いのではないでしょうか?

ソーダ水にミントを入れだけ

せっかくのハーブ生活(withハーブ生活)が負担になったり、つまらないものになってしまってはどうしようもありません。末永く楽しくハーブ生活を続けるにはハーブを簡単に使えて、それでいていつもの料理がワンランクアップするような方法を知っておくと便利です。面倒くさがり屋でも、時間がなくても、ちょっとおいしくちょっと気持ちを幸せにしてくれるハーブの簡単な使い方をご紹介します。

手羽の煮込みにローズマリーを入れるだけ

ハーブを使うってそんなに難しくないんです。冷ややっこにネギを乗せたり、納豆にからしを入れたり、うどんに七味をかける感じでぜひ使ってみてください。

ステイホームやおうち時間がますます楽しくなること間違いなしです!


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です